留学準備!スーツケースの中身と重量制限のコツ

留学準備
スポンサーリンク

カナダに来てから1ヶ月半が経過しました。このくらい経つと、普通に生活が送れるようになった気がします。そんな中で、もっとこれを持ってくればよかった・・・これはあまりいらなかったかも・・・と、何回か後悔しました!笑 留学準備!スーツケースの中身と重量制限のコツ こちらを実体験をもとにお伝えしていきます。

スポンサーリンク

飛行機の荷物重量制限

1番のポイントはこちら!私たちは、バンクーバー空港へ行くための飛行機をエアカナダ航空で予約しました。ANAやJALと比べても値段は安いイメージです。(また、私はANAマイレージ会員なのでエアカナダでもマイルが貯まるのでオススメです)

普通に飛行機を予約すると、大体はエコノミークラスかと思います。その場合、機内持ち込み荷物は2個まで(身の回りのバックともう1つ)、受託荷物は2つまでになります。

airカナダの手荷物料金の詳細
エアカナダの手荷物詳細について

サイズは大きなキャリーケース2つ分!そして大切なのが、重さが23kgまでということです。 合計46kg+持ち込み荷物に 荷物量を抑えなければいけないことになります。重さを超えてしまうと追加で$100が掛かってしまいます。

*エアカナダ以外の航空会社でも、エコノミーであれば、大体は一つの荷物量は23kgです。

生活必需品

キャリーバッグに入れられる量を確認したら、荷造りをしていきます!私が必要と感じた生活必需品をまとめました。

  • コンタクトレンズ(滞在日分)
  • 普段使用しているスキンケア用品
  • 普段使用しているメイク用品
  • 洗顔ネット
  • マスク、アルコール消毒
  • 洗濯用ネット
  • 目薬
  • 予備のお薬
  • 生理用品

カナダでは物価が全て高いので、なるべく普段使っているメイクやスキンケア用品は持っていくのを勧めます!私は、化粧水はすでになくなりかけていますが、こちらで何の化粧水を買えば良いのか分からずとても悩んでいて、もっと持ってくればよかった…と後悔しています。

また、カナダは医療費も高いので 予備のお薬はいくつあっても良いかと思います。マスクに関しては、なかなかスーパーや薬局に良いマスクが売っていません!笑 箱の紙マスクが$20くらいするので高く、現地の人は布マスクをしている人が多いです。

洋服類

洋服は、毎シーズンごとに1週間分くらいの服があるといいみたいです。私の場合は1年以上滞在予定なので、4シーズン分を持っていきました。

  • Tシャツ 7枚
  • ボトムス(パンツ) 6枚
  • ロンTとパーカー 4枚
  • ワンピース 4枚
  • スカート 2枚
  • ジャケット系 2枚
  • 冬用のアウター 2枚
  • ニット系 5枚
  • 下着や靴下類 1週間分
  • マフラー
  • 帽子(麦わら、ハット、ニット帽)
  • シューズ(ブーツ、スニーカー、サンダル、各一つずつ)
  • 水着 2つくらい

洋服は実際に、カナダでもZARAやH&M、OLD NAVY などがたくさんありますので購入できます!ただし、生地は薄くて日本の服の方が性能もデザインも可愛いです。笑 こちらの洗濯機はとても強いので乾燥機も合わせると、洗濯終了後に服が結構縮みます…。なので、あまり高級でお気に入りの服は持ってこない方が良いです! 冬はわりと寒いので防寒グッズも必要です。ニットは縮みやすいので注意。

ちなみに、よく聞くのは「カナダでオシャレしても街で浮いてしまう」ということですが、実際はみんなオシャレな服を結構着てます✌️さすがにハイヒールの人とかは少ないけど、スカートやタイツを履いたり、シャツを着たファッションもよくしているのを見ます。なので、安心して好きな服を着て大丈夫です。

秋の気候や洋服についてはこちらへ

食料

ホームステイ、シェアハウスどちらをするにしても日本の食材はみんな持っていきますね!私は、シェアハウスでしたので自炊のためにいろいろと持参しました。

  • お米(10kg程)
  • 料理の和風顆粒だし(数種類)
  • コンソメや中華だし
  • お茶の葉

私たちは、最初の1ヶ月くらいは食に困らないように米を多めに持ちました。実際には、バンクーバーには日本やアジア系のストアがたくさんあるので購入できます!ただし、高いです。

自炊する人は料理のだしをたくさん持っていくとなんでも作れるので便利です^ ^この他に、持っていけばよかったと思うものは ふりかけやご飯のお供系

生活雑貨

こちらもカナダで購入すると高いなと感じるもの!日本から持っていくべきものがたくさんあります。

  • 箸🥢
  • タオル系
  • お弁当箱と水筒
  • ポケットティッシュ
  • ドライヤーとヘアアイロン

箸は日本のものの方が絶対いいです!私たちは持って来なくて後悔しました。タオルも洗濯の回数を考えて、多めに持ってきた方が無難ですね、ヘアドライヤーは日本のものをそのまんま変圧器なしで使ってます!ほんとは電圧が少し高いので、ダメみたいだけど全然使えてます。

炊飯器は最初持ってこようか迷いましたが、変圧器の大きい電圧のものを購入しなければいけなかったので断念しました。変圧器も持参なくても平気です!

荷造り

出発一週間くらい前から、荷造りを始めました!これがすごく大変だったのです。。。何故なら、上記に書いたように荷物には重量制限があるので 体重計で重さを測りながら準備しなければなりません。

キャリーケース的には余裕に入るのですが、重さがすぐに23kgを超えてしまいます。私は他にも持っていきたいものがたくさんありましたが、重さのせいで断念しました。化粧品系、コスメ系も結構な重さになります!そしてお米。こちらはホームステイをする方ならそんなに必要はないかと思います。

カナダ留学への荷物は何を持っていくべき? 人によって持っていきたい物は違うと思います。あくまでも個人の意見なので、以上をぜひ参考にしてください!

結論的に…絶対に必要のなかったものというのは正直ありませんでした。むしろ「もっとこれを持ってくればよかったー」という気持ちでいっぱいです。何故なら全てが高いから!そして日本のモノの質は圧倒的によいです

私は追加料金をして荷物を持ってくるべきであったかな?とも思っています。もし日本に一度もどる機会があれば、たくさんの雑貨や食材を持ってきたいなと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました